先日のここえん定例会で、ステキだなぁ♪と思ったことをもう一つご報告します。
(掲載許可いただいています。)

今回も、めんこい娘ちゃんがママと一緒に参加してくれました。
娘ちゃんは、保育園ではまだ小さい方の組だと思いますが、ここえんにいる数時間のあいだ、まったく騒いだり、駄々をこねたりすることなく、ママのお勉強にしっかり協力してくれているなぁ、すごいなぁと思いました。

ママからお話を聴いてみたら、そのヒミツがちょっとわかった気がしました。

ママは、ここえんに来る前に娘ちゃんに、
「ママと一緒にお勉強に行く?それとも、ババのお家に行く?」
ときいて、選んでもらったんだそうです。

そしたら、娘ちゃんは、自分でお勉強に行く方を選んだんですって。
そして、
「〇〇はおねえちゃんだから『ママ』『ママ』って言わないの」
って自分で言ったんだそうです。

そして、ここえんにいる間中ずーっと、その「自分で決めたこと」を守って、横になりながらおだやかに過ごしてくれました。
娘ちゃんのそんな様子に、ママもきっと助かっただろうし、私たち一緒に学ぶメンバーも集中して学ぶことができたように思います。

〇〇ちゃん、ありがとう!!!

「この娘ちゃんが特別おりこうさんだからこうなんだろう」
とか、
「ママが『デキる人』だからこうなんだろう」
って思います?
「うちの子にはとても無理!無理!」
って思います?

えぇ、もちろん、とってもステキな親子さんですよ♪

でもね、私は、このお話の中にも、パセージ(アドラー心理学にもとづく子育ての方法を学ぶプログラム)が生かされているところがあるんじゃないかなぁと思うんです。

子どもが、
「自分でどうするかを選んで、そして、自分で決めたことをしっかり守ることができた」
としたなら、自分のことや、選ばせてくれたママのことをどんなふうに思うでしょうか?

私は、そこにヒミツの一つが隠れているんじゃないかと思っています。

みなさんも、アドラー心理学式のステキな子育ての方法のヒミツを一緒に学んでみませんか?
下記をご参照の上、どうぞ、どなたでもご参加くださいね。
子育てをなさっていない方でも大丈夫ですよ♪

あ、横手エンカレッジの会の10月の予定も決まりましたので、併せてお知らせいたします。

横エンは、10月16日(月)
ここえんは、10月22日(日)


に、それぞれ開催いたします。
詳しくは下記をご覧くださいね。

*********

【横手エンカレッジの会 10月定例会】
日時:10月16日(月)19:30~22:00(遅刻早退OKです)
会場:すずき皮膚科クリニック 2階会議室(秋田県横手市駅前町10-10)
参加費:200円
横手エンカレッジの会は、日常生活の困りごとを、アドラー心理学を使って解決する方法を学び、実践する会です。ある程度、理解できるまでは、ずーっと自分の関心事を何も話さなくても結構です。急な開催日の変更もあるので、開催当日電話で、すずき皮膚科クリニック(0182‐36-4112)に開催の有無の確認のご連絡をくださいますようお願い申し上げます。遅刻早退自由。
★ご質問などある方は、101005.three☆gmail.com(☆を@に変えてメール送信お願いします)にご連絡いただいても結構です。

*********

【アドラー子育て ここえん 10月定例会】
日時:10月22日(日)13:30~16:30(遅刻早退OKです)
会場:すずき皮膚科クリニック 2階会議室(秋田県横手市駅前町10-10)
参加費:300円
問合せ:101005.three☆gmail.com(☆を@に変えてメール送信お願いします)
★お持ちの方は、パセージテキスト・名札をお持ちください。
★やむをえず、急に予定を変更することもありえるため、初めて参加される方は、上記アドレス(ミウラ)まで事前にご連絡をお願いします。

[PR]
もう1週間以上経ってしまいましたが、9月24日(日)に『アドラー子育て ここえん』の定例会を開催しました。
今回は、おとな5名(私も含む)&めんこいお子さま1名の参加でした。

お一人のメンバーさんが、娘さんとのある朝のやりとりについてお話してくださいました。
(掲載許可いただいています。)
このメンバーさんは、以前にもこの娘さんとのやりとりについて、定例会でお話くださったことがあり、その後、娘さんとの関係を確かめながら暮らしてくださっていたようです。
近況報告でも、その様子を教えてくださいました。
そのお話を聴いていて、「あぁ、娘ちゃんは本当にお母さんのことが好きなんだなぁ♪」と思いました。

お母さんは、パセージ受講済の方で、今回お話してくださったやりとりも、パセージ受講前だったらもっと感情的になって対応していただろうと教えてくれました。

お母さんと娘さんのやりとり(エピソード)を確認した後に、ロールプレイをして、『現場』を再現してみました。
お母さんはそのまま自分の役を、娘さん役はメンバーさんの中から選んで演じていただきました。

娘さんは、『現場』で、お母さんにはっきりと自分の意思を伝えていて、そうやって自分の意思を伝えられるのはきっとお母さんとの関係がいいからなのだろうねと、メンバーさんと話し合いました。

それから、ロールチェンジもしてみることにしました。
今度は、お母さんが娘さん役をして、娘さんになりきって、同じ『現場』を感じてみるのです。
そうしてみたら・・・
ロールチェンジの後、事例提供者のメンバーさん(お母さん)が、
「うまくいったと思ったのは私だけだった!」
と少しびっくりした様子で言ってくださいました。
(こうやって感じたことを素直に表現してくださるのもこのメンバーさんの「ステキなところ」だと思います♪)

もう少し、詳しくお話をうかがってみると、『お母さん』の立場でこの場面を味わうのと、『娘さん』の立場でこの場面を味わうのでは、全然違う感じがあったようです。
あぁ、これがロールチェンジの力なんだろうなぁと思いました。

アドラー心理学の創始者・アルフレッド・アドラー先生は、
『相手の目で見て 相手の耳で聴き 相手の心で考え生きていく』
ということを言ったそうです。
これって、意識していないとなかなか難しいし、頭だけで考えているとなかなか気づけないこともあるのではないかと思います。
ひとりだと、なかなかうまくいかなかったりもするんですよね。

だからこそ、こうして定例会でみんなで集まってわいわい点検するのって大切だなぁと思います。

というわけで、10月も、定例会やりますよ~♪
親子関係で困っていることや、お子さんのことで気になることがある方、アドラー心理学に興味がある方などなど、どなたでもご参加いただけます。
下記をご確認の上、お気軽にどうぞ。

*********

【アドラー子育て ここえん 10月定例会】
日時:10月22日(日)13:30~16:30(遅刻早退OKです)
会場:すずき皮膚科クリニック 2階会議室(秋田県横手市駅前町10-10)
参加費:300円
問合せ:101005.three☆gmail.com(☆を@に変えてメール送信お願いします)
★お持ちの方は、パセージテキスト・名札をお持ちください。
★やむをえず、急に予定を変更することもありえるため、初めて参加される方は、上記アドレス(ミウラ)まで事前にご連絡をお願いします。



[PR]
おとといは、『アドラー子育て ここえん』の定例会でした。
パセージテキストをめくりながら、参加してくださったみなさんといろんなお話をして、学びを深め合うことができました♪

と、おとといの定例会のご報告もしたいところですが、その前にもうひとつ、ご紹介しておきたいことがありますので、今日はそのお話を。

『横手エンカレッジの会』の先月の定例会でのことです。
(メンバーさんから掲載許可をいただいています。)

横エンのメンバーさんの中に、お母さんの介護をなさっている方がいます。
その方が、お母さんとのやりとりの中で、気になっていることがあるとお話してくださいました。

毎日、決まった時間帯にお母さんが繰り返す
「□□(メンバーさんのご兄弟)、△△するかなぁ?」
という質問があり、それに対して、メンバーさんは、
「~~しないよ」
と、答えていたそうです。
そうすると、お母さんは、
「そうなんだぁ…」
と、がっかりした様子になるとのことでした。
そして、その後、何分かすると、また同じ質問を繰り返されるそうです。
※本当は、秋田弁で繰り広げられるやりとりですが、共通語翻訳バージョンでご紹介しています(笑)

このメンバーさんは、
「~~しないよ」
という否定文の言い方が気になっていたようなのですが、それは事実なので、なかなか他のうまい言い方が思いつかなかったようです。
他の答え方も試してみましたが、かえってお母さんが不安になってしまうなど、あまりうまくいかないようでした。
また「~~しない」のが事実なのに、「~~するよ」と、お母さんに嘘をつくことはしたくないというお話もありました。

メンバーさんのお話をもう少し詳しくお聴きしてみると、お母さんから、この
「□□、△△するかなぁ?」
の質問が出ると、マイナスの感情(イライラ、不安etc.の感情のこと)が出ているようでした。
そこで、「答え方」は、とりあえずそのまま置いておいて、お母さんとメンバーさんそれぞれの『すてきなところ(適切な側面、パーソナルストレンクス、いいところ、持っている力etc.)』をみんなで探してみることにしました。

みんなで探すと、出てくる、出てくる!!!
お母さんの『すてきなところ』も、メンバーさんの『すてきなところ』も、た~くさんみつかりました。

ご高齢になっても、ご病気があっても、『すてきなところ』って、たくさんたくさん持っているんですよね。
『すてきなところ』に気づくことで、メンバーさんのお顔がどんどん晴れやかになっていったのがとても印象的でした。
お母さんが、こういう『すてきなところ』をたくさんもっている方なんだって思って、ご自身のことも、こんなに『すてきなところ』があるんだって考えて、しばらく『いつものやりとり』を観察してみてくださるそうです。
「答え方」=言葉は同じでも、もしかしたら、何か変化が起こるかもしれませんね。
その後どうなったかのお話をまたうかがうのが楽しみです。

『すてきなところ』って、最初のうちは意識して探さないとみつけにくかったりします。
一人だとみつけるのが難しかったりもします。
だから、グループで、みんなで、力を合わせて、みつけていきます。
『すてきなところ』をみつけることが『勇気づけ』のスタートです。
これができるようになると、自分にも、周りの人にも、きっとたくさんの『いいこと』が起こると思いますよ。

いかがでしょうか?
みなさんも、いっしょにアドラー心理学を学んでみませんか?
10月の定例会も、予定が決まり次第こちらでお知らせします!


[PR]
私がアドラー心理学に出会ったのは、ここ秋田県横手市で、長くアドラー心理学を学ぶ活動を続けている『横手エンカレッジの会』という自助グループです。

横手エンカレッジの会(通称:横エン)は、私にアドラー心理学という存在を教えてくれた場でもあり、ずっと育ててくれている場でもあります。そういう意味で、「父」のような存在でもあり、「恩人」のような存在でもあるなぁと自分では思っています。

横エンの活動は、最近は月1回・平日夜(19:30~22:00)に行うことが多いです。少し遅めの時間帯の開催にはなりますが、ご興味のある方はぜひご一緒にいかがでしょうか。詳しくは下記をご覧くださいね。(以下*マーク内は、すずき皮膚科クリニックホームページより一部引用)

**********

横手エンカレッジの会は、日常生活の困りごとを、アドラー心理学を使って解決する方法を学び、実践する会です。ある程度、理解できるまでは、ずーっと自分の関心事を何も話さなくても結構です。急な開催日の変更もあるので、開催当日電話で、すずき皮膚科クリニックに開催の有無の確認のご連絡をくださいますようお願い申し上げます。遅刻早退自由。

**********

クリニックの患者さんでなくてもご参加いただけますよ。
今後、このブログでも横エンの定例会開催予定をお知らせしていく予定ですので、よろしくお願いいたします。

明日開催の『ここえん』定例会もまだまだ参加できますので、よろしければぜひどうぞ♪

【アドラー子育て ここえん 9月定例会】
日時:9月24日(日)13:30~16:30(遅刻早退OKです)
会場:すずき皮膚科クリニック 2階会議室(秋田県横手市駅前町10-10)
参加費:300円
問合せ:101005.three☆gmail.com(☆を@に変えてメール送信お願いします)
★お持ちの方は、パセージテキスト・名札をお持ちください。
★やむをえず、急に予定を変更することもありえるため、初めて参加される方は、上記アドレス(ミウラ)まで事前にご連絡をお願いします。


[PR]
『アドラー子育て ここえん』は、昨年の10月に生まれたグループです。
横手で昨年開催された『パセージ』を受講したメンバーを中心に活動を始めました。

パセージは、受講終了したらおしまい、さようなら、ではありません。
そこからが本当の実践のスタートになるので、コースが終わった後も定期的にみんなで集まって、テキストを元に、いろんなお話をして、確認し合うことが大切なんです。

ここえんは、今のところ、月一回集まって活動しています。

8月のここえん定例会では、こんなステキなことがありました♪
(メンバーさんから掲載許可をいただいています。)

ここえんメンバーさんの中に、めんこいめんこい娘ちゃんを子育て中の若いママがいます。
そのめんこい娘ちゃんを連れたママが、ひょんなことから、そのまたお母さんとも一緒に定例会に参加してくれたのです。
つまり、娘ちゃん + ママ + ママのママ(ばーば) の3世代での参加です。

ママのママ(ばーば)は、はじめて定例会に参加してくれたのですが、とっても協力的で、たくさん発言して大活躍してくださって、とっても助かりました。
(このばーばなら、きっと協力してくださるわ!と思い、私がいろいろ無茶振りしたとも言う?笑)

ばーばは、パセージテキストに出てくる『能力』という言葉に引っかかってくださったようで、
「能力っていうのがよくわからない。子どもには能力を持っていってほしいと思うけど、自分には能力ってそんなにあるとは思えない」
というようなお話をしてくださいました。

そこで、ママ(ばーばの娘さん)に、
「はい、お母さんにはどんな『能力』がありますか?」
とお尋ねしてみました。

すると、
「〇〇なところ、□□できるところ、△△なところもありますね~」
と、すらすらと答えてくれました。
それを聞いているばーばのお顔は、みるみる明るくなり、目は少しうるうる(しているように私には見えました)。
こんなふうに娘さん(ママ)に『正の注目』をしてもらえたら、きっととてもうれしいし、『勇気づけられる』んじゃないかなぁと思います。
さすが、パセージを受講されたママは『正の注目』がお上手です!

別の場面では、ばーばが、ママ(娘さん)の子育てについて、
「孫の『イヤイヤ期』もとてもうまく乗り切ったように思う。これ(パセージ・ここえん)のおかげかな」
というようなお話もしてくださいました。
こんなふうに自分のお母さんに言ってもらえたら、きっとママも『勇気づけ』られますよね。

あぁ、なんて、ステキ♪
と、私もとても幸せな気分になれた定例会でした。

ちなみに、この定例会の最中、めんこいめんこい娘ちゃんは、ほとんどずっとお昼寝タイムだったのでした~。
ママとばーばにじっくり学べる時間を提供してくれるなんて、これまた協力的~。

3世代参加していただけたおかげで、ここえんの場が、いつも以上にあたたかく、学びも深いものになった気がします。
ありがとうございました。
よかったら、またのご参加を心待ちしています♪

こんなあたたかい場にみなさんも参加して、一緒に学んでみませんか?
次の日曜日、ここえん開催します。どなたでもどうぞ。
くわしくは下記をご参照くださいね。↓


【アドラー子育て ここえん 9月定例会】
日時:9月24日(日)13:30~16:30(遅刻早退OKです)
会場:すずき皮膚科クリニック 2階会議室(秋田県横手市駅前町10-10)
参加費:300円
問合せ:101005.three☆gmail.com(☆を@に変えてメール送信お願いします)
★お持ちの方は、パセージテキスト・名札をお持ちください。
★やむをえず、急に予定を変更することもありえるため、初めて参加される方は、上記アドレス(ミウラ)まで事前にご連絡をお願いします。

[PR]